資料請求はこちら
第81回

入試によく出る小説

2007.11.26更新

最近発売された雑誌に「入試によく出る小説」という特集が掲載されていました。読んでみましたところ、なかなか興味深い内容になっていました。
中学受験でよく出た作家は重松清、あさのあつこ、森絵都、小川洋子……とつづくようです。特に一番の重松氏の本は、かなりの学校で出題されていました。もうここ何年かずうっと一位なのではないでしょうか。2番目のあさのあつこさんはやはり『バッテリー』シリーズで人気に火がつきましたね。このNEWSの『先生のコラム』欄でも取り上げたことがありますが、このシリーズはとてもおすすめです。いままでもずいぶんたくさんの方に紹介してきました。そして、3番目の森絵都さんですが、少々自慢話(?)をさせてください。もう一年以上も前になりますが、NEWS青葉台校で中学受験の説明会を行ったときに、ぼくは国語用の資料を作りました。その際に、来年の入試問題(2007年の2月のことです)で注目すべき作家として重松清氏などとともに、森絵都さんの名前を、ばっちりあげているのです。当時から本好きの子ども達に人気のあった作家さんですが、今年の入試問題で、これほどたくさん使われるとは思いませんでした。もちろん、来年も多数の学校の出題が予想されます。予想が当たるとやはりうれしいものですね。小川洋子さんはなんといっても『博士の愛した数式』です。ぼくも大好きな小説です(映画もよかったです)。ぜひ、本好きの小学生、中学生に読んでほしいと思います。
毎年多数使用される重松清氏は別格としても、あさのあつこさん、森絵都さん、小川洋子さんという、このところ急激に使用されるようになった作家さんにわりと早くから注目し、かつ、声高にその作品のよさをおすすめしていたものとしては、この雑誌のランキングは、まさにわが意を得たりというような思いがしました。さらにこの雑誌には、今度、2008年2月の入試問題として注目の作家の名前があげられています。大手塾や予備校の先生が8人ほど予想していましたが、その8人のうち、3人までがあげた作家に佐藤多佳子さんがいます。これもぼくが予想していた作家さんです。最近は大人向けの本を書かれていますが、デビューは児童文学の作品で、ぼくは、その頃の作品(「黄色い目の魚」など)からファンでした。……などと書くと、恐るべき慧眼の持ち主! というような感じですが、実は入試問題にもやはり出題の傾向があるのです。その流れを見ることだと思います。そして、佐藤多佳子さんの作品はおそらく出題されると思います。だから、読んだ方がいい、というわけではなく、とてもすてきな作品なので、ぜひ読んでほしいですね。このところ、寒くなってまいりました。今回あげた作家さんはみなおすすめの作家さんばかりでので、読書の秋にぜひとも1冊おとりいただきたいと思います。

NEWS 青葉台校教室長   
三木 裕

NEWS先生のコラム一覧ページはこちら

会社概要

商号
株式会社 NEWS(ニュース)
創業
2000年3月1日(株式会社国大セミナーの一部門として創業)
設立
2012年10月1日
資本金
1000万円
代表者
代表取締役 小倉康司
本社
〒330-0063 埼玉県さいたま市
浦和区高砂2-5-5 KIビル 3F
電話
048-831-2223
事業内容
子どもの総合教育企業。
子どもたちが、21世紀を生き抜くために必要な教育を提供している。1人ひとりの成長に責任を持つために、全ての事業は少人数制を基本としている。
グループ
株式会社 国大セミナー
会社
設立:1985年10月1日
■学習塾(国大セミナー)120校(2021年4月現在)
グループ
株式会社 NEWSエンターテインメント
会社
設立:2008年10月1日
■子役養成機関(NEWSエンターテインメント)
グループ
株式会社 そらまめキッズツアー
会社
設立:2010年10月1日
■子どもの体験型ツアー実施する旅行会社
(そらまめキッズアドベンチャー)
グループ
株式会社 オレンジプラネット
会社
設立:2015年2月1日
■保育園・インターナショナル保育園・学童くらぶ
グループ
株式会社 ドリームプラネット
会社
設立:2015年6月1日
■生活・文化・新規事業部門

Copyright © NEWS All Rights Reserved.