資料請求はこちら
第96回

都立高校入試問題から

2008.02.26更新

 2月に行われました東京都の都立高校入試問題を見ました。物語文として使用されていたのは伊集院静氏の作品でした。第82回の先生のコラムで書いたのですが、以前は中学入試問題でよく使われていた伊集院静氏ですが、最近は高校入試でよく使用されているようです。
 
その物語文の読解問題で、ちょっとおもしろいものを見つけました。次の問題です。
『「そうだね。今はちいさなリョウシみたいなものだけど、いつか大きなソン、ソン……。」とあるが、あなたが「ボク」だとして、このときの「ボク」の気持ちをナホミたちに伝えるとしたら、どのように言うか。あなたの話す言葉を五十字以内でまとめて書け。』
 
 「ソン、ソン……」というのは存在のことで、リョウシも粒子の間違いなのですが(文章中に書かれています)、解答例を見ますと、仲間の大切さや、いまは小さな存在だけれどやがて人との関わりあいによって大きな存在になるのだ、というようなことを書かせる問題のようです。
ひとりという小さな存在が、仲間(物語の中ではチームという言葉を使っています)となっていく、というモチーフは、高校入試では正統派すぎて、意外に難しいかもしれません。ですが、物語自体がとても魅力的なものですので、このような気持ちをつかむのは、できてほしいかな、とも思います。さらに、この問題がおもしろいと思いましたのは、「話す言葉」で書かなければいけない、ということです。解答例も「仲間は大切だね」などと書かれています。これに苦戦した子がけっこういるのではないでしょうか?
話し言葉であることが、どの程度採点に加味されるのかはわかりませんが、慣れていない子はかなり時間を使ってしまったと思います。けれども、物語を理解し、そのときの様子を想像して書ければ、きっとできるはずです。国語の勉強は、とても想像力が大切なのですが、その解答に、こうやって具体的に想像力を使わせる問題というのは、とてもめずらしいです。都立高入試に使われるくらいですから、これからもっともっと増えるかもしれません。こういう問題ができる子になってほしいですね。これからの指導に生かしていきたいと思います。

NEWS青葉台校室長   
三木 裕

NEWS先生のコラム一覧ページはこちら

会社概要

商号
株式会社 NEWS(ニュース)
創業
2000年3月1日(株式会社国大セミナーの一部門として創業)
設立
2012年10月1日
資本金
1000万円
代表者
代表取締役 小倉康司
本社
〒330-0063 埼玉県さいたま市
浦和区高砂2-5-5 KIビル 3F
電話
048-831-2223
事業内容
子どもの総合教育企業。
子どもたちが、21世紀を生き抜くために必要な教育を提供している。1人ひとりの成長に責任を持つために、全ての事業は少人数制を基本としている。
グループ
株式会社 国大セミナー
会社
設立:1985年10月1日
■学習塾(国大セミナー)120校(2021年4月現在)
グループ
株式会社 NEWSエンターテインメント
会社
設立:2008年10月1日
■子役養成機関(NEWSエンターテインメント)
グループ
株式会社 そらまめキッズツアー
会社
設立:2010年10月1日
■子どもの体験型ツアー実施する旅行会社
(そらまめキッズアドベンチャー)
グループ
株式会社 オレンジプラネット
会社
設立:2015年2月1日
■保育園・インターナショナル保育園・学童くらぶ
グループ
株式会社 ドリームプラネット
会社
設立:2015年6月1日
■生活・文化・新規事業部門

Copyright © NEWS All Rights Reserved.