資料請求はこちら
第117回

作文に一番必要なこと

2008.09.03更新

里見弴『文章の話』という本を読みました。最初に出たのが、昭和12年4月27日刊ということですから、いまからもう70年以上も昔に書かれた本です。作家里見弴が小学生を対象に作文(当時は『綴り方』と呼ばれていました)の書き方を指導した本です。いろいろと、現代でももちろん通じる内容が随所に出てきます。以下のようなものは、そのまま、おもしろ作文倶楽部の中で使いたいような言葉です。
『書きたいことが、胸いっぱいたまって来るまで、筆をとらないこと。
小細工をせず、思ったままを、素直に書くこと。
屁理屈を並べず、感覚的に書くこと。
以上、三つの条件が、内容を充実させるもっとも好都合なものと言っておきましょう。』
 この本の特長は、作文指南の本ではあるのですが、書き方よりも大事なこととして、次のようなことを述べている点だと思います。
『私の『文章の話』は、大体、「文章以前」に力点が置かれています。即、人間として立派でなければ、いい文章は書けない、立派な人間になるには、……これが、この本の特色です。』
 立派な人間になるように、などと文豪に言われてしまうと、ひたすらお堅いまじめすぎる内容かと思われてしまいそうですが、決してそんなことはありません。平易でわかりやすく、そして、ユーモアあふれる文章になっています。たとえば、こんなところをご覧下さい。
『「雪のように白かった」
これなど、いかにも白そうな感じをうける譬喩ですが、理屈を言うと、降りやんだ翌日の、東京市内の雪などは、洗いたての褌の白さに遠く及ばないのですけれど、そうかと言って、
「褌のように白かった」
 では、ちっとも、白さも、清潔さもうけとれないでしょう。』
 
 これほどわかりやすく、おもしろい比喩の表現はめったにありません。読みながらつい吹き出してしまいました。
 この本は、子供向けのものですが、内容は、子供にもわかりやすく、かつ大人にもおもしろい本だと思いました。里見弴は、父兄宛としてこのようにも書いています。
『父兄の方々にも、是非とも一読を煩わしたい。イギリスで出たこの種の本に、「子供たちと、彼らの両親に」を標語として掲げているのがありましたが、ほんとうのことを言えば、わざわざそう註文されないでも、自分の子供たちに勧める本なら、ざっとなりとも、一応目を通すのがあたりまえでしょう。』
 いまお子様が読まれている本をいっしょに読んでみてはいかがでしょうか。そして、いっしょにその本についてお話をしてみてはどうでしょう? もうすぐ読書の秋ですから……

NEWS青葉台校室長   
三木 裕

NEWS先生のコラム一覧ページはこちら

会社概要

商号
株式会社 NEWS(ニュース)
創業
2000年3月1日(株式会社国大セミナーの一部門として創業)
設立
2012年10月1日
資本金
1000万円
代表者
代表取締役 小倉康司
本社
〒330-0063 埼玉県さいたま市
浦和区高砂2-5-5 KIビル 3F
電話
048-831-2223
事業内容
子どもの総合教育企業。
子どもたちが、21世紀を生き抜くために必要な教育を提供している。1人ひとりの成長に責任を持つために、全ての事業は少人数制を基本としている。
グループ
株式会社 国大セミナー
会社
設立:1985年10月1日
■学習塾(国大セミナー)120校(2021年4月現在)
グループ
株式会社 NEWSエンターテインメント
会社
設立:2008年10月1日
■子役養成機関(NEWSエンターテインメント)
グループ
株式会社 そらまめキッズツアー
会社
設立:2010年10月1日
■子どもの体験型ツアー実施する旅行会社
(そらまめキッズアドベンチャー)
グループ
株式会社 オレンジプラネット
会社
設立:2015年2月1日
■保育園・インターナショナル保育園・学童くらぶ
グループ
株式会社 ドリームプラネット
会社
設立:2015年6月1日
■生活・文化・新規事業部門

Copyright © NEWS All Rights Reserved.