資料請求はこちら
第710回

高校野球の審判の謝罪

NEWS板橋校 三木裕

2022.03.25更新

春のセンバツ高校野球が始まっております。ブラスバンドの応援も再開され、選手たちのプレーを楽しんで見ております。将来のわが阪神タイガースのエースや四番バッターはいるでしょうか?

さて、先日、あるできごとがありました。強豪校同士の試合で、ある審判のあきらかなミスがあり、一つのチームの選手がアウトになりました。しかし、そのあと審判団が集まり、主審がマイクで説明と『謝罪』をしました。いまのプレーは審判のまちがいであり、まちがいがなかった場合に想定されるプレーに変更して、再開します。申し訳ありませんでした、といった内容です。

直接、見ていたわけではなく、新聞でそのことを知り、あとで画像も見てみました。たしかに、あきらかなまちがいでした。ストライク・ボールの判定といった微妙なものではない、あきらかにミスとわかるものでした。

まあ、審判も人間ですから、ミスすることもあります。しかし、すみやかに確認、訂正し、謝罪までして、円滑に再開させるというのは、ちょっと過去になかったことと思います。ミスをしたのは謝罪した主審ではなかったですが、主審が立場上おこなったのだと思われます。賛否両論あるようですが、選手たちは納得したのではないか、と思いました。

将棋は自分の負けを認めることで勝負が終わります。すこしちがうかもしれませんが、自分の負けやミスを認めるというのも、ときにとてもむずかしいものです。それを甲子園の舞台で毅然とおこなうのは、すばらしいと思いました。ミスと分かっているままつづけるのも苦しいでしょうし……。純粋にプレーにだけ集中できるように、審判や、大人は気を配って、高校生らしいはつらつとした試合を望みたいと思います。センバツ高校野球の後半戦も楽しみです!

NEWS先生のコラム一覧ページはこちら

会社概要

商号
株式会社 NEWS(ニュース)
創業
2000年3月1日(株式会社国大セミナーの一部門として創業)
設立
2012年10月1日
資本金
1000万円
代表者
代表取締役 小倉康司
本社
〒330-0063 埼玉県さいたま市
浦和区高砂2-5-5 KIビル 3F
電話
048-831-2223
事業内容
子どもの総合教育企業。
子どもたちが、21世紀を生き抜くために必要な教育を提供している。1人ひとりの成長に責任を持つために、全ての事業は少人数制を基本としている。
グループ
株式会社 国大セミナー
会社
設立:1985年10月1日
■学習塾(国大セミナー)120校(2021年4月現在)
グループ
株式会社 NEWSエンターテインメント
会社
設立:2008年10月1日
■子役養成機関(NEWSエンターテインメント)
グループ
株式会社 そらまめキッズツアー
会社
設立:2010年10月1日
■子どもの体験型ツアー実施する旅行会社
(そらまめキッズアドベンチャー)
グループ
株式会社 オレンジプラネット
会社
設立:2015年2月1日
■保育園・インターナショナル保育園・学童くらぶ
グループ
株式会社 ドリームプラネット
会社
設立:2015年6月1日
■生活・文化・新規事業部門

Copyright © NEWS All Rights Reserved.