資料請求はこちら
第583回

巨大ブラックホールの撮影成功!

NEWS板橋校 三木裕

2019.04.19更新

 なんともスケールの大きなニュースでした。巨大ブラックホールの撮影に初めて成功したというものです。そんなことができるのですね。日本人の天文学者の貢献なども話題になっております。世界8箇所の電波望遠鏡をつなぎ、地球サイズの仮想望遠鏡を構成?
 なにがすごいのかも正確にはよくわかりませんが、とにかくすごいです。テレビや新聞などいろいろと見ましたが、なんといっても規模が桁違いです。ドーナツのような光の輪に囲まれた黒い穴とのことですが、以下が、そのサイズです。

・地球から5500万光年離れた場所にある。
・半径200億キロメートル(ほぼ太陽系の大きさ)。
・輪は60億度以上の高温。
・輪の直径は1000億キロメートル(光の速さで4日間かかる距離)。
・質量は太陽の65億倍。
・ほぼ真円。これによりアインシュタインの一般相対性理論の予言の正しさが確認された。

 もうなにがなんだか……という数字ばかりですが、それでも、撮影できたのは、ここが比較的近い場所にあったからなのだそうです。光の速度で5500万年も離れた場所でも、近いとは……。宇宙の大きさは果てしないですね。
 今後は、さらに大きな望遠鏡を、宇宙空間に設置するという技術が必要なのだそうです。それでも、いつか人類はそれを作ってしまうのでしょうか?

 たとえば、月へ行くことも、否定的に見る向きもあります。あんな莫大な費用をかけて、石ころしかないところへ行ってどうする、もっと他にお金を使うべきではないか、というような意見です。ブラックホールの写真も、まあ、ほとんどの人はなくてもまるで困らないでしょう。
 でも、人間は、宇宙へ行くし、宇宙の謎を解き明かしたいと思う生き物なのです。そこから生まれてくるものは、技術的なことばかりではなく、挑戦する心という、目に見えないものでもあります。人は、その心がなくなってしまうことを恐れなくてはいけないのではないでしょうか。
 NEWSは、挑戦する心を作るお教室でありたいと思います。

 ところで、今回のブラックホールの撮影についてですが、スケールの大きさや、天文学者たちの活躍など、興味深い点はいろいろありますが、ぼくが今回いちばん気になったのは、ブラックホールのある銀河がM87という名前だということです。M87星雲といえば、ウルトラマンのふるさとではないですか!
 あんなでかいブラックホールのそばで生まれたのでしょうか。どうりで強いわけです。今度は、ウルトラマンも写真に撮ってほしいですね! 本気で見てみたいです。

NEWS先生のコラム一覧ページはこちら

会社概要

商号
株式会社 NEWS(ニュース)
創業
2000年3月1日(株式会社国大セミナーの一部門として創業)
設立
2012年10月1日
資本金
1000万円
代表者
代表取締役 小倉康司
本社
〒330-0063 埼玉県さいたま市
浦和区高砂2-5-5 KIビル 3F
電話
048-831-2223
事業内容
子どもの総合教育企業。
子どもたちが、21世紀を生き抜くために必要な教育を提供している。1人ひとりの成長に責任を持つために、全ての事業は少人数制を基本としている。
グループ
株式会社 国大セミナー
会社
設立:1985年10月1日
■学習塾(国大セミナー)120校(2021年4月現在)
グループ
株式会社 NEWSエンターテインメント
会社
設立:2008年10月1日
■子役養成機関(NEWSエンターテインメント)
グループ
株式会社 そらまめキッズツアー
会社
設立:2010年10月1日
■子どもの体験型ツアー実施する旅行会社
(そらまめキッズアドベンチャー)
グループ
株式会社 オレンジプラネット
会社
設立:2015年2月1日
■保育園・インターナショナル保育園・学童くらぶ
グループ
株式会社 ドリームプラネット
会社
設立:2015年6月1日
■生活・文化・新規事業部門

Copyright © NEWS All Rights Reserved.