資料請求はこちら
第416回

先生いいこというだろ?

2015.08.24更新

 今年の夏休みも、たくさんの子どもたちがNEWSに来てくれました。ありがとうございます。たくさんいろんなことをして、たくさんいろんな勉強をしてくれました。そして、たくさんいろんな話をしました。

 中学生、高校生の子たちは、よくこんなことをいいます。

「こんな古典の勉強して、将来なにか役に立つんですか? 大人になっても絶対使わないですよね?」

 古典のところに、数学や、社会や、いろいろな教科、単元が入りますが、だれでも必ず思うことなのでしょう。ああ、今年も来たか、なんて思ったりします。

 こんなときどのように答えるかは、質問した子や、そのときの状況などによって変わりますが、今年はこのように答えました。

「将来なにが役に立つかなんて、どうしていまわかるんだい? いまからもうプロ野球選手になるとか、将棋の棋士になるとか、完全に決まってるんだったらわからないでもないけれど、まだ将来のことはっきりわからないのに、使うかどうか、役に立つかどうか考えても意味ないよ」

 たとえば……、といって、ぼくの話をしました。ぼく自身も、中学生、高校生のころ、同じようなことを考えていました。そのころぜんぜん将来のことをわかっていませんでしたが、まさか自分がNEWSのようなところで、子どもたちに古典を教えるなど思っていませんでした。しかし、いろいろな紆余曲折があり、いまこうして、古典が役に立っています。

 古典に関していえば、先生と呼ばれるお仕事だけのものでもありません。最近、新聞の記事で読みましたが、ビジネスマンが自ら古典を学ぶ講座が人気なのだそうです。古典に関しての知識や、そこに書かれたことへの考えなどを、教養として身につけていないと、ビジネスの世界では相手にされないことが多いということです。前からよく聞く話ですが、海外のビジネスマンとの仕事でも、日本の古典についてよく質問されたりするので、ある程度は知っていないといけないのだということです。主に英語圏の仕事をするので英語だけ勉強していればいいということは、もうありえないのです。

 中学生で習う科目はそれぞれの分野の入り口程度ですが、それをきっかけに、自分の道を決めることもあります。自分ひとりでいろんな勉強をするのは大変ですが、学校は、大事なことを効果的に効率よく教えてくれます。得意不得意はあると思いますが、せっかくの機会なのに、いい加減で終わらせてしまうのはもったいない! と思います。いままでぜんぜん興味のなかったことが、突然好きになるかもしれません。まずは、一生懸命勉強してみよう!

 こんな話をしますと、さすが大人だ……と感心してくれる子が多いので、ぼくもうれしくなり、「三木先生いいこというだろ?」といって、つい念押ししてしまい、「それをいわなければ……」といわれてしまいました。まあ、でも、長い時間勉強をする夏休みだからこそ、こういう話もじっくりできるのかな、と思いました。もうすぐ夏休みも終わりですが、9月からもがんばろう! 自分の将来に悩んだらNEWSの先生に話してみてください。NEWSは夢をかなえるための場所なのですから!!


NEWS板橋校室長  
三木 裕

NEWS先生のコラム一覧ページはこちら

会社概要

商号
株式会社 NEWS(ニュース)
創業
2000年3月1日(株式会社国大セミナーの一部門として創業)
設立
2012年10月1日
資本金
1000万円
代表者
代表取締役 小倉康司
本社
〒330-0063 埼玉県さいたま市
浦和区高砂2-5-5 KIビル 3F
電話
048-831-2223
事業内容
子どもの総合教育企業。
子どもたちが、21世紀を生き抜くために必要な教育を提供している。1人ひとりの成長に責任を持つために、全ての事業は少人数制を基本としている。
グループ
株式会社 国大セミナー
会社
設立:1985年10月1日
■学習塾(国大セミナー)120校(2021年4月現在)
グループ
株式会社 NEWSエンターテインメント
会社
設立:2008年10月1日
■子役養成機関(NEWSエンターテインメント)
グループ
株式会社 そらまめキッズツアー
会社
設立:2010年10月1日
■子どもの体験型ツアー実施する旅行会社
(そらまめキッズアドベンチャー)
グループ
株式会社 オレンジプラネット
会社
設立:2015年2月1日
■保育園・インターナショナル保育園・学童くらぶ
グループ
株式会社 ドリームプラネット
会社
設立:2015年6月1日
■生活・文化・新規事業部門

Copyright © NEWS All Rights Reserved.