資料請求はこちら
第39回

なにを読めばいいでしょう?

2007.05.07更新

 ふだん、作文や国語を教えておりますので、保護者様によくこういう質問をされます。
「まるで本を読まないのですが、どうしたらよいでしょうか?」
「どのような本を読ませたらよいでしょうか?」
 家でも学校でも一ページも本を読まないということで、とても心配されているようです。
 本が好きではない子は、やはり多いようです。最近は、本だけではなく、マンガも読まないという子もいるようで、せめてマンガでも読んでくれれば、というお話も聞きました。
 ぼくは、本はぜひとも読んでほしいと思っています。国語の成績に直接は関係しないという説もありますが、ぼくは、基礎力の部分で、読書というのは欠かせない力だと考えています。本を読もう、本を読もう、といつも子ども達に話しています。
 ですが、好きでもない本を、むりやり読ませるのは、あまり効果的ではないと思います。特に読み始めのときは、おもしろい本、その子の好きそうな本、興味のありそうな本から、読んでほしいと思います。ゲームが好きならばゲームの小説版、マンガが好きならば絵の多い本から、サッカーが好きならばサッカーの名選手の伝記、野球が好きならば野球をする主人公の物語(『バッテリー』ですね)……などなど、お子さんによって、いろいろなおすすめの仕方があります。その中から、一つでも自分で気にいった本ができれば、そこからまた世界が広がっていくのです。なので、どのような本を読ませればという質問に対するぼくの答えは、こうです。
「はじめはお子さまにあった本がいいです。お子さまのお好きなことや興味のあることはなんですか?」
 そしてそれを聞いた後、もう一つ、保護者の方へのお願いをします。
「お子さまが読み始めましたら、時々、どんな本なのか聞いてあげてください。もし話してくれましたら、おもしろいところなどをじっくり聞いてあげてください。読み終わった後も、どんなだったのか聞いてあげてください」
ゆっくりと、その子のペースで、その子の話したいように話してもらい、その話をしっかり聞いてあげてほしいと思います。喜んで聞いてもらえると、またちがう本を読んで、話したくなる子も多いです。ぜひともお願いします。
あと、できれば、保護者の方も本を読んでほしいですね。児童書の中にもおもしろい本はいっぱいあります。自分のおすすめの本をお子さまにも読んでもらい、親子でいっしょにその本の話をしてみると、きっともっともっと読書が楽しくなると思います。

NEWS青葉台校室長
三木 裕

NEWS先生のコラム一覧ページはこちら

会社概要

商号
株式会社 NEWS(ニュース)
創業
2000年3月1日(株式会社国大セミナーの一部門として創業)
設立
2012年10月1日
資本金
1000万円
代表者
代表取締役 小倉康司
本社
〒330-0063 埼玉県さいたま市
浦和区高砂2-5-5 KIビル 3F
電話
048-831-2223
事業内容
子どもの総合教育企業。
子どもたちが、21世紀を生き抜くために必要な教育を提供している。1人ひとりの成長に責任を持つために、全ての事業は少人数制を基本としている。
グループ
株式会社 国大セミナー
会社
設立:1985年10月1日
■学習塾(国大セミナー)120校(2021年4月現在)
グループ
株式会社 NEWSエンターテインメント
会社
設立:2008年10月1日
■子役養成機関(NEWSエンターテインメント)
グループ
株式会社 そらまめキッズツアー
会社
設立:2010年10月1日
■子どもの体験型ツアー実施する旅行会社
(そらまめキッズアドベンチャー)
グループ
株式会社 オレンジプラネット
会社
設立:2015年2月1日
■保育園・インターナショナル保育園・学童くらぶ
グループ
株式会社 ドリームプラネット
会社
設立:2015年6月1日
■生活・文化・新規事業部門

Copyright © NEWS All Rights Reserved.