資料請求はこちら
第46回

50年後の未来

2007.05.30更新

先日たまたま手に取った本は、1ページ目に日付けが書かれており、なんと2007年7月12日となっていました。その日から、事件が起こるという話なのです。ハインラインという有名なSF作家が1951年に書いた本です。いまから50年以上前に描かれた2007年の世界は、なかなかおもしろいものでした。
まず交通機関がかなり発達しています。自動車もあるようですが、急ぎの場合は、空を飛べる車を使うようです。また、宇宙ステーションというもの作られていて、火星、金星にも移住が可能なようです。
ソ連がまだ大国として君臨しています。ただし、かなり辛口に書かれていました。主人公がアメリカ人なのです。
そして、2007年時点ですでに、第3次世界大戦が起こっており、もう過去のものとして語られていました……。
宇宙生物の出てくるような本ですので、そんな荒唐無稽な話を真剣に考えても仕方が無いだろうという声が聞こえてきそうですが(たしかに物語をおもしろくするための誇張も大いにあると思いますので)、1951年当時ということを考えると、必ずしもそうとはいえない部分もあるように思います。朝鮮戦争が起こり世界中が危機感につつまれていたであろうという頃だからです。
ハインラインという作家は、タカ派として知られていますが、だれよりも冷静な目もあったといわれています。原子力爆弾の成功にアメリカ中が沸き返る頃すでに、この爆弾の製造が他国にも広がり(当時のアメリカの科学者はその製造を独占できると信じていたそうです)、それゆえの緊張をともなった冷戦状態に世界中がおちいるだろうということを予測していたといいます。そのハインラインが思い描いた2007年では、すでに戦争が起こっていて、さらに新たな脅威も生まれている時代だったのです。ただし、最後は人間の勇気と知恵が困難を乗り越えていくという、これもまたハインラインらしい終わり方になっていたのですが。
いまから50年後、2057年には、どのような世界になっているのでしょう?ハインラインの本にはなくて、いまの世界にあるものはたくさんあります。携帯電話にパソコン、インターネットなどもそうです。しかもほとんどの人が所持、利用をしているものばかりです。そして、幸いなことに『いまのところ』第3次世界大戦は起こっていません。
2057年にハインラインの本を読んだ人が、戦争のことを完全に過去のものとして読むような、そんな時代になっていればと思います。子ども達に伝えるべき、大人の責任だと思います。

NEWS青葉台校室長
三木 裕

NEWS先生のコラム一覧ページはこちら

会社概要

商号
株式会社 NEWS(ニュース)
創業
2000年3月1日(株式会社国大セミナーの一部門として創業)
設立
2012年10月1日
資本金
1000万円
代表者
代表取締役 小倉康司
本社
〒330-0063 埼玉県さいたま市
浦和区高砂2-5-5 KIビル 3F
電話
048-831-2223
事業内容
子どもの総合教育企業。
子どもたちが、21世紀を生き抜くために必要な教育を提供している。1人ひとりの成長に責任を持つために、全ての事業は少人数制を基本としている。
グループ
株式会社 国大セミナー
会社
設立:1985年10月1日
■学習塾(国大セミナー)120校(2021年4月現在)
グループ
株式会社 NEWSエンターテインメント
会社
設立:2008年10月1日
■子役養成機関(NEWSエンターテインメント)
グループ
株式会社 そらまめキッズツアー
会社
設立:2010年10月1日
■子どもの体験型ツアー実施する旅行会社
(そらまめキッズアドベンチャー)
グループ
株式会社 オレンジプラネット
会社
設立:2015年2月1日
■保育園・インターナショナル保育園・学童くらぶ
グループ
株式会社 ドリームプラネット
会社
設立:2015年6月1日
■生活・文化・新規事業部門

Copyright © NEWS All Rights Reserved.