第686回

大谷選手の笑顔

NEWS板橋校 三木裕

2021.09.24更新

メジャーリーグの大谷翔平選手の今年の活躍は本当にすばらしいものでした。野球ファンだけではなく、もっと多くの人たちから注目を集めています。メジャーリーグの試合は、日本のプロ野球よりも少し早く終了します。どのような結果になるのか、とても楽しみです。

さて、大谷選手のすごいところはたくさんあります。
まずピッチャーとして9勝。あと1勝してほしいですね。
そして、ホームラン45本。日本人初のホームラン王になるかもしれません。
盗塁も20個以上。

投げても、打っても、走っても、それぞれ、一流のプレーヤーなのに、それを一人でやっているのが、すごいです。

特に今年はホームラン王のチャンスがあるので、ぜひがんばってほしいです。このコラムを書いている時点では1本差の3位です。最近の試合では、ヒットを打っても、「ああ、ヒットか」とちょっとがっかり(?)してしまうような気持ちになって、いけない、いけない、と反省しています。メジャーリーグでヒット打つのだって、すごいことなのですから。

そして、大谷選手自身が、なにがなんでもホームラン王になりたい、とは思っていないように見えるところもすごいことです。大谷選手の所属しているチームは、残念ながらプレーオフには出られそうもない成績です。ホームラン王を取るために、残りの試合は、全部ホームランを狙って打席に立ってもいいのでは、とぼくなんかは思ってしまいます。けれども、大谷選手はそういう選手ではないのですね。試合に勝つことが優先なのです。チームの勝利が優先なのです。

試合を見ていますと、大谷選手が、場面によってホームランを狙わず、シフトの反対を狙って軽く打ったり、バントヒットを狙ってとにかく出塁しようとしたりする場面をしばしば見ることができます。そして、一塁に出塁できたとき、大谷選手は本当にうれしそうに笑うのでした。チームが勝つためにできることを最優先にしているからこその笑顔なのだと思いました。盗塁が多いのもそうです。ピッチャーもやっていることを考えれば、怪我のリスクも考え、走らないというのも決してまちがいではないと思います。けれども、大谷選手は、自分ができることはなんでもやるのですね。心から野球が好きなんだろうと思います。

大谷選手は、今年はほとんどの試合に休まずに出場しました。だれもできないこと、といいますか、やろうとすらしなかったことをやってしまう、そんな歴史を見ている一年だったと思います。もちろん、来年がさらにすごい一年になる可能性も十分あるのですが。ぼくらも授業中に、あんな笑顔を浮かべているでしょうか? そんなことを考えたりもしました。今日の授業はよかったな、と思うような授業を、毎日毎日1コマ1コマつづけていかなくてはと思います。

NEWS先生のコラム一覧ページはこちら

会社概要

商号
株式会社 NEWS(ニュース)
創業
2000年3月1日(株式会社国大セミナーの一部門として創業)
設立
2012年10月1日
資本金
1000万円
代表者
代表取締役 小倉康司
本社
〒330-0063 埼玉県さいたま市
浦和区高砂2-5-5 KIビル 3F
電話
048-831-2223
事業内容
子どもの総合教育企業。
子どもたちが、21世紀を生き抜くために必要な教育を提供している。1人ひとりの成長に責任を持つために、全ての事業は少人数制を基本としている。
グループ
株式会社 国大セミナー
会社
設立:1985年10月1日
■学習塾(国大セミナー)120校(2021年4月現在)
グループ
株式会社 NEWSエンターテインメント
会社
設立:2008年10月1日
■子役養成機関(NEWSエンターテインメント)
グループ
株式会社 そらまめキッズツアー
会社
設立:2010年10月1日
■子どもの体験型ツアー実施する旅行会社
(そらまめキッズアドベンチャー)
グループ
株式会社 オレンジプラネット
会社
設立:2015年2月1日
■保育園・インターナショナル保育園・学童くらぶ
グループ
株式会社 ドリームプラネット
会社
設立:2015年6月1日
■生活・文化・新規事業部門

Copyright © NEWS All Rights Reserved.