第673回

2021年学力調査問題(中学生国語)

NEWS板橋校 三木裕

2021.06.11更新

前回のコラムで、小学生国語の全国学力調査問題について書きました。今回は、中学生の国語の問題について書いてみたいと思います。

大きな問題は四問ありました。①発表会の発言の読み取り、記述②意見文③読解④敬語(メールでのやりとり)の四つです。③の読解では『吾輩は猫である』を使っておりました。昨年の問題には読解問題はありましたが、物語ではなかったので、ちょっと振れ幅が大きいかな、と思いました。吾輩の心情を書かないといけないので……。むずかしかったかも。

実は、昨年の問題に、ひじょうに好きな問題があったのです。

卒業に こぼれる涙     

この四角に Aほろほろ Bぼろぼろ Cぽろぽろ このどれかを入れて、なぜそれがふさわしいかを書きなさい、という問題です。A、B、Cの言葉にはそれぞれ解説があり、その解説を理解し、卒業の情景、心情などを踏まえて、選んだ理由が正しく書かれていれば、A、B、Cのどれでも正解になったようです。いやあ、これ、すごくいいですねえ。丸付けは大変だと思いますが……。

今回も①の発表会の最後の発言で、だれがどのような発表するのがふさわしいと思いますか、その理由も書きなさい、という問題があり、これも、だれを選んでも、その発言と理由が正しければ正解という問題がありました。でも、これは、まあ、だれを選ぶかの選択に、感性よりも、論理のほうが、優先されると思います。ですが、昨年の俳句の問題は、感性からスタートするような問題の気がします。論理的には三つともまちがっていないですから。そこがいいな、と思ったのですが、今年はなくなってしまいましたねえ。

昨年はコロナの影響で、問題発表だけで実施はされませんでしたので、実際にどのような解答が多かったのか、どの解答の正解率が高かったのか、おもしろい答えはあったのか、すてきな理由はあったのか、などなど、なにもないのが残念です。

そういったことも含め、今年の問題のほうが、ちょっと『お堅い』かな、という感じがしました。メール文での敬語など、取り上げたほうがいい問題なのかな、とも少し思いますが、全体的なバランスはよかったかな、と思います。昨年の問題は、俳句以外も、少しマニア(?)な感じがしました。正解率は、『猫』以外は、高めと予想します。どうでしょうか?

NEWS先生のコラム一覧ページはこちら

会社概要

商号
株式会社 NEWS(ニュース)
創業
2000年3月1日(株式会社国大セミナーの一部門として創業)
設立
2012年10月1日
資本金
1000万円
代表者
代表取締役 小倉康司
本社
〒330-0063 埼玉県さいたま市
浦和区高砂2-5-5 KIビル 3F
電話
048-831-2223
事業内容
子どもの総合教育企業。
子どもたちが、21世紀を生き抜くために必要な教育を提供している。1人ひとりの成長に責任を持つために、全ての事業は少人数制を基本としている。
グループ
株式会社 国大セミナー
会社
設立:1985年10月1日
■学習塾(国大セミナー)120校(2021年4月現在)
グループ
株式会社 NEWSエンターテインメント
会社
設立:2008年10月1日
■子役養成機関(NEWSエンターテインメント)
グループ
株式会社 そらまめキッズツアー
会社
設立:2010年10月1日
■子どもの体験型ツアー実施する旅行会社
(そらまめキッズアドベンチャー)
グループ
株式会社 オレンジプラネット
会社
設立:2015年2月1日
■保育園・インターナショナル保育園・学童くらぶ
グループ
株式会社 ドリームプラネット
会社
設立:2015年6月1日
■生活・文化・新規事業部門

Copyright © NEWS All Rights Reserved.