第663回

森内九段の授業

NEWS板橋校 三木裕

2021.03.16更新

それぞれの分野の第一人者が、1週間くらい、子どもたちに直接指導するというテレビ番組が好きで、よく見ています。スポーツの分野が多いようですが、先日、将棋の森内九段が、中学生の将棋部のメンバーを指導するという回がありました。

森内九段は、あの羽生九段と子どものころからのライバルで、先に活躍したのは羽生九段でしたが、どんどん実力を発揮し、羽生九段よりも先に永世名人の称号を得たレジェンド棋士です。もちろん、いまでも現役ばりばりのトッププロの一人です。

その番組を見ておりましたが、将棋の世界の人は、本当に謙虚な人が多いですね。そうではない人もいるのでしょうが、強い人ほど、謙虚な感じがします。このテレビの森内九段も、子どもたちにも丁寧に話し、レッスンのあとには、中学校の先生にまで、どこか直したほうがいいところはありますか、などと逆に聞いていました。番組始まって以来初めての人かもしれないというナレーションが入っていました。

森内九段は、自分のことを話すときも、負けたときのことを例にします。50年に一度という逆転負けを2年続けてやってしまったとか、わたしも実戦でたくさんまちがえてきましたがとか、見てほしい実戦例にも、自分が負けた試合のビデオを用意したりします。

そんな森内九段が、子どもたちにこんな言葉を話していました。

『負けた悔しさを忘れない。
 負けた理由を忘れない。
 弱さを認め局面を変えよう。』

将棋のことだけではなく、もっと大きな意味でも心に残る言葉だと思いました。最後のあいさつでも、自分自身錯誤の連続でしたが、あたたかく接してもらえてうれしかったです、受験とかいろいろあると思いますが、前向きに打ち込んでください、と子どもたちに話していました。大人と子ども、名人とアマチュア、先生と生徒、そのどれでもない、将棋を愛する仲間の先輩と後輩のような話し方でした。森内九段からみんなへのプレゼントの扇子には「飛躍、挑戦」と書かれていました。きっと、みんなにとってすばらしい1週間だったと思います。あんな授業をNEWSのぼくらもできるようにならなければいけないと思いました。

NEWS先生のコラム一覧ページはこちら

会社概要

商号
株式会社 NEWS(ニュース)
創業
2000年3月1日(株式会社国大セミナーの一部門として創業)
設立
2012年10月1日
資本金
1000万円
代表者
代表取締役 小倉康司
本社
〒330-0063 埼玉県さいたま市
浦和区高砂2-5-5 KIビル 3F
電話
048-831-2223
事業内容
子どもの総合教育企業。
子どもたちが、21世紀を生き抜くために必要な教育を提供している。1人ひとりの成長に責任を持つために、全ての事業は少人数制を基本としている。
グループ
株式会社 国大セミナー
会社
設立:1985年10月1日
■学習塾(国大セミナー)120校(2021年4月現在)
グループ
株式会社 NEWSエンターテインメント
会社
設立:2008年10月1日
■子役養成機関(NEWSエンターテインメント)
グループ
株式会社 そらまめキッズツアー
会社
設立:2010年10月1日
■子どもの体験型ツアー実施する旅行会社
(そらまめキッズアドベンチャー)
グループ
株式会社 オレンジプラネット
会社
設立:2015年2月1日
■保育園・インターナショナル保育園・学童くらぶ
グループ
株式会社 ドリームプラネット
会社
設立:2015年6月1日
■生活・文化・新規事業部門

Copyright © NEWS All Rights Reserved.