第654回

和太郎さんと牛

NEWS板橋校 三木裕

2021.01.05更新

2021年となりました。昨年は大変な一年でありました。今年はどうなるのでしょうか。いろいろと不安はありますが、よい一年となることを願います。

毎年、新年1回目の先生のコラムは、干支の動物にかかわる本をご紹介しております。今年は丑年ということで、新美南吉の『和太郎さんと牛』というお話をご紹介したいと思います。

ただ、ものすごくいいお話とか、感動的なお話ではないのです。主人公の和太郎さんは大酒飲みです。いつも仕事帰りに飲んで、酔っ払っています。ですが、そのつど和太郎さんがつれているよぼよぼの牛が、酔っ払った和太郎さんを家まで連れて帰ってくれます。よぼよぼの牛に感謝した和太郎さんは、ある日、その牛にお酒を飲ませてあげました。今日はかわりに自分が、牛を家まで連れて帰ってやろうと思ったのです。しかし、大酒飲みの和太郎さん、我慢できずに自分も酔っ払ってしまって、そのまま和太郎さんと牛は行方不明になってしまいました。翌日、和太郎さんと牛が帰ってきたときは、なぜか和太郎さんが欲しくて欲しくてならなかった赤ちゃんを連れていたのでした。赤ちゃんがいた理由はぜんぜんわかりませんが、和太郎さんはその子をしっかりと育てたのでした。

だいたいこういうお話です。教訓などは特にないと思いますし、いまでは使えない言葉なども使われておりますが、なんとも、とぼけたお話でユーモアにあふれ、ぼくはけっこう好きなのです。次郎左エ門さんという人が出てきますが、こんな紹介をされています。

『次郎左エ門さんは若いころ、東京にいて、新聞の配達夫をしたり、外国人の宣教師の家で下男をしたりして、さまざま苦労したすえ、りくつがすきで仕事がきらいになって村にもどったという人でありました。』

思わずニヤリとしてしまいます。こんな人いまでもたくさんいそうではないですか。でも、この物語でいちばんいいセリフは、赤ちゃんが来たときの、和太郎さんの言葉です。

「世の中は、りくつどおりにゃいかねえよ。いろいろふしぎなことがあるもんさ」

たしかにそうですね。世の中には、いいことも、わるいことも、ふしぎなこともたくさんあります。去年は悪いことの多い年でした。きっと、今年はいいこととふしぎないいことが多い年になると思います。今年も一年間どうぞよろしくお願いいたします!

NEWS先生のコラム一覧ページはこちら

会社概要

商号
株式会社 NEWS(ニュース)
創業
2000年3月1日(株式会社国大セミナーの一部門として創業)
設立
2012年10月1日
資本金
1000万円
代表者
代表取締役 小倉康司
本社
〒330-0063 埼玉県さいたま市
浦和区高砂2-5-5 KIビル 3F
電話
048-831-2223
事業内容
子どもの総合教育企業。
子どもたちが、21世紀を生き抜くために必要な教育を提供している。1人ひとりの成長に責任を持つために、全ての事業は少人数制を基本としている。
グループ
株式会社 国大セミナー
会社
設立:1985年10月1日
■学習塾(国大セミナー)120校(2021年4月現在)
グループ
株式会社 NEWSエンターテインメント
会社
設立:2008年10月1日
■子役養成機関(NEWSエンターテインメント)
グループ
株式会社 そらまめキッズツアー
会社
設立:2010年10月1日
■子どもの体験型ツアー実施する旅行会社
(そらまめキッズアドベンチャー)
グループ
株式会社 オレンジプラネット
会社
設立:2015年2月1日
■保育園・インターナショナル保育園・学童くらぶ
グループ
株式会社 ドリームプラネット
会社
設立:2015年6月1日
■生活・文化・新規事業部門

Copyright © NEWS All Rights Reserved.