資料請求はこちら
第608回

イチローと棋士

NEWS板橋校 三木裕

2019.11.15更新

 今年、メジャーリーグのイチロー選手の引退という大きな出来事がありました。選手としての偉大さはもういうまでもありません。いまは草野球を楽しんでいるというほほえましいニュースも入っていますが、今後もさまざまな分野で活躍をしてほしいと思います。

 さて野球のシーズンオフのさみしさを癒すために野球の雑誌をたくさん図書館で借りてきました。その中にイチローの引退直後のロングインタビューが載っておりました。くわしく読んでみたところ、いろいろと興味深い記事が載っておりました。たとえば、以下の部分です。

『たとえば将棋や囲碁の棋士は、「負けました」と頭を下げるじゃないですか。あの所作って、勝負の世界においては尋常じゃない屈辱だと思うんです。戦った相手に頭を下げて、しかも負けましたというのですから……でも、その屈辱が次へのエネルギーになるんだろうと思うんです。』

 NEWSが『将棋算国教室』コースを立ち上げたとき、まさにそのことを知ってほしいと思いました。負けるという体験は、もちろんうれしいものではありません。けれども、負けを認めるというところから、多くのものを得ることができると思うのです。

『野球では「負けました」とはなかなか言えない。だから僕にとって棋士の姿は響くものがあります。いつか自分も「負けました」と言えるようになりたいと思っていましたが、なかなかそうはなれなくて』

 あのイチローがいうことばだからこその重みを感じます。前にもイチローは、4000本のヒットを打ったことよりも、そのあいだに8000回の悔しい思いをしてきたし、その事実に向き合ってきた自分を誇りに思う、ということをいっていました。常に勝ち負けがはっきりしている世界で戦う棋士たちへのリスペクトに、イチローのすごさも感じてしまいます。イチローは、最後、なかなか打てずに引退となりました。そのときのことをこう語っています。

『2012年の最後、200(安打)に届かなかったときは「負けた」という感触でした。今回も然りです。それでも負けを認めることが難しい野球で、将来、そういう自分でありたいというのはひとつの目標だったので、今回、「負けた」と言えたのはよかったなという想いもあります。』

 イチローのことばの重みは、彼の選手生活の重みと重なるのでしょう。あれほどの成績を残したスーパースターでも、引退するときに、『負け』ということばがうかぶのですね。それとも、それほどのスーパースターだからこそ、なのでしょうか。ひとつひとつのことばが、しん、としずかな気持ちで心に入ってきます。

 あれほどの選手はもう出てこないのではないかと思ってしまいますが、いつか、イチローを思い出させるようなすばらしい選手の出現も、野球ファンとしては期待してしまいます。もちろん、その前に、イチロー監督も見たいですし、野球解説も聞いてみたいです。どんなことばで野球やそのときのプレーを語るでしょうか。とてもわくわくしてしまいます。いつか、ほんとうにそうなってほしいと思いました。

NEWS先生のコラム一覧ページはこちら

会社概要

商号
株式会社 NEWS(ニュース)
創業
2000年3月1日(株式会社国大セミナーの一部門として創業)
設立
2012年10月1日
資本金
1000万円
代表者
代表取締役 小倉康司
本社
〒330-0063 埼玉県さいたま市
浦和区高砂2-5-5 KIビル 3F
電話
048-831-2223
事業内容
子どもの総合教育企業。
子どもたちが、21世紀を生き抜くために必要な教育を提供している。1人ひとりの成長に責任を持つために、全ての事業は少人数制を基本としている。
グループ
株式会社 国大セミナー
会社
設立:1985年10月1日
■学習塾(国大セミナー)120校(2021年4月現在)
グループ
株式会社 NEWSエンターテインメント
会社
設立:2008年10月1日
■子役養成機関(NEWSエンターテインメント)
グループ
株式会社 そらまめキッズツアー
会社
設立:2010年10月1日
■子どもの体験型ツアー実施する旅行会社
(そらまめキッズアドベンチャー)
グループ
株式会社 オレンジプラネット
会社
設立:2015年2月1日
■保育園・インターナショナル保育園・学童くらぶ
グループ
株式会社 ドリームプラネット
会社
設立:2015年6月1日
■生活・文化・新規事業部門

Copyright © NEWS All Rights Reserved.