第602回

同点の場合

NEWS板橋校 三木裕

2019.09.20更新

 とうとう9月20日からラグビーのワールドカップがはじまります。四年前の興奮を思い出し、連日わくわくどきどきしております。自分が試合に出るわけでもないのに、なぜこんなに緊張するのでしょうか?
 前回はすばらしい試合をしましたが、ほんのわずかの差で決勝トーナメントにはすすめませんでした。あれからずっと悔しさをバネに鍛え上げてきた、選手たちのがんばりが楽しみです。今回はぜひ予選リーグを突破してほしいと思います。

 ただ、今回は日本での開催ということで、試合の時間がちょうど授業の時間と重なったりしてしまうのが無念です。前のときは遅い時間だったので見られたのですが……。日本開催ゆえに見られないのはなんとも残念ですが、こればかりは仕方がありません。念力だけ送って、日本の勝利を応援したいと思います。

 このところテレビでもラグビー関連のものが多く、ぼくもドラマ『ノーサイド・ゲーム』を毎週見ていて、そのつど号泣しておりました。いまでも主題歌が聞こえてくるだけで自然と涙腺がゆるみます。他にも、ドキュメンタリー番組など多く、懐かしい選手のプレーなどを見ることができました。その中で新日鉄釜石という社会人ラグビーのチームが日本選手権で七連覇したときのものなどもありました。もうかなり古い話ですが、いまあらためて松尾選手のプレーなど見ると、本当にすごい選手だったんだなと思いました。

 その新日鉄釜石チームの七連覇ですが、かなりきわどいものでした。(社会人大会の)準決勝の試合が引き分けだったのです。サッカーだとPK戦がおこなわれて勝敗を決めるのですが、ラグビーは抽選で決めるのですね。本当に運がいいチームだけが上に行くわけです。試合が終わったら、あとはお互いを称えるだけというラグビーの精神の表れなのでしょう。潔いですね。現在のルールでは、同点でも、トライ数などいろいろな要素で勝敗を決めるので、めったに抽選はおこなわれないようです。ファンの気持ちなども考えると、そうせざるを得ないのかなとも思います。ただ、あらゆる要素がまったく同じ場合は、やはり抽選になるようです。

 決着のつかなかった試合の健闘を称え、最後は抽選にすべてをゆだね、あとは握手をして、勝ったほうに次の試合の勝利を託す。古き時代のおとぎ話のようでもありますが、ラグビーの世界では、それがずっとつづいていたのでした。今回のラグビーワールドカップでも、きっと、すごいドラマが待っていると思います。楽しみで仕方が無いですね!

会社概要

商号
株式会社 NEWS(ニュース)
創業
2000年3月1日(株式会社国大セミナーの一部門として創業)
設立
2012年10月1日
資本金
1000万円
代表者
代表取締役 小倉康司
本社
〒330-0063 埼玉県さいたま市
浦和区高砂2-5-5 KIビル 3F
電話
048-831-2223
事業内容
子どもの総合教育企業。
子どもたちが、21世紀を生き抜くために必要な教育を提供している。1人ひとりの成長に責任を持つために、全ての事業は少人数制を基本としている。
グループ
株式会社 国大セミナー
会社
設立:1985年10月1日
■学習塾(国大セミナー)124校(2019年10月現在)
<埼玉・東京・茨城・千葉・栃木・神奈川・名古屋・大阪・新潟>
グループ
株式会社 NEWSエンターテインメント
会社
設立:2008年10月1日
■子役養成機関(NEWSエンターテインメント・スクール)
<埼玉・東京・千葉・神奈川・大阪・名古屋・福岡・高崎・静岡・京都・台湾>
グループ
株式会社 そらまめキッズツアー
会社
設立:2010年10月1日
■子どもの体験型ツアー実施する旅行会社
(そらまめキッズアドベンチャー)
<関東営業所・東海営業所・関西営業所>
グループ
株式会社 オレンジプラネット
会社
設立:2015年2月1日
■保育園・インターナショナル保育園・学童くらぶ
<埼玉・東京・神奈川>

Copyright © NEWS All Rights Reserved.