第601回

負けて勝って

NEWS板橋校 三木裕

2019.09.13更新

 このコラムを読んでくれている男性の講師さんに言われてしまいました。

「三木先生は野球の話になると熱が入りますよね」

 うーん、たしかに。前回も高校野球の話でしたが、今回もまた野球の話で……。すみません。

 プロ野球のジャイアンツに大竹寛というピッチャーがいます。先月、18年目にして100勝をあげました。その日まで99勝99敗の成績で、どちらが先に100になるかというところでしたが、先に勝ちになりました。おめでとうございます。

 100勝というのは、かなりすごい数字です。プロ野球の世界では大成功したといえるでしょう。18年現役を続けている(まだしばらくやれそうです)のも、すばらしいことです。

 ですが、大竹投手というのは、どうにも、地味な印象があります。もともとはカープの選手で、フリーエージェントという、長く一軍でプレーをした選手にだけ与えられる権利を行使して、ジャイアンツにやってきました。ところが、カープでの活躍に比べて、ジャイアンツでは、あまり活躍できませんでした。
 また、運が悪く(といってはいけないですが)、大竹投手と入れ代わりにジャイアンツからカープに入った若いピッチャーがものすごく活躍をしてしまったこともあり、なんとなく、大竹投手は、実績の割には、ファンの評価が低いような気がします。昨年は、退団するのではともいわれておりました。

 その大竹投手が100勝をしたときのコメントを新聞で読みました。

「負けて勝って、負けて勝って。そういうピッチャーです。反省を生かしてやってきたし、やっていきます。これからも」

 負けて勝って、という言葉に重みを感じます。勝って負けて、ではないのですね。99回負けても、それを糧にしてプロ野球で生きてきたベテランの味があります。野球だけではなく、勉強や、ほかのことでも、負けてしまったあとに、なにができるか、なにができたかが、大事なのだと思います。
 監督やコーチのお祝いコメントもありまして、大竹投手は「非常に愛されキャラ」で「ムードメーカー。癒しのオアシス」などと言われていました。こういうベテランがいるとチームの結束なども強くなるのではないかと思います。

 いきのいい若手の活躍も楽しみですが、苦労をしたベテランのピッチングも野球の楽しみであります。まだまだ大竹投手にはがんばってもらいたいと思います。ただし、ぼくが応援しているタイガースの試合では、ちょっと困るのですが……。
 ちなみに、大竹投手の100勝の記念のウイニングボールが、試合後、行方不明になってしまったとか。愛されキャラの大竹投手らしい気もしますが、なんとか見つけてあげてください! と思いました。見つかったのでしょうか? だといいのですが……。

会社概要

商号
株式会社 NEWS(ニュース)
創業
2000年3月1日(株式会社国大セミナーの一部門として創業)
設立
2012年10月1日
資本金
1000万円
代表者
代表取締役 小倉康司
本社
〒330-0063 埼玉県さいたま市
浦和区高砂2-5-5 KIビル 3F
電話
048-831-2223
事業内容
子どもの総合教育企業。
子どもたちが、21世紀を生き抜くために必要な教育を提供している。1人ひとりの成長に責任を持つために、全ての事業は少人数制を基本としている。
グループ
株式会社 国大セミナー
会社
設立:1985年10月1日
■学習塾(国大セミナー)124校(2019年10月現在)
<埼玉・東京・茨城・千葉・栃木・神奈川・名古屋・大阪・新潟>
グループ
株式会社 NEWSエンターテインメント
会社
設立:2008年10月1日
■子役養成機関(NEWSエンターテインメント・スクール)
<埼玉・東京・千葉・神奈川・大阪・名古屋・福岡・高崎・静岡・京都・台湾>
グループ
株式会社 そらまめキッズツアー
会社
設立:2010年10月1日
■子どもの体験型ツアー実施する旅行会社
(そらまめキッズアドベンチャー)
<関東営業所・東海営業所・関西営業所>
グループ
株式会社 オレンジプラネット
会社
設立:2015年2月1日
■保育園・インターナショナル保育園・学童くらぶ
<埼玉・東京・神奈川>

Copyright © NEWS All Rights Reserved.