第599回

夏休み中の公園で

NEWS板橋校 三木裕

2019.08.23更新

 サマースクール、夏期講習会が終了し、NEWSもお休みをいただきました。友人に会ったりして、リフレッシュしてきました。8月後半の集中授業、そして、9月からの通常授業も、元気いっぱいで行います! どうぞよろしくお願いいたします。

 その夏休み中のことでした。都内の古本市に仲間で繰り出し、そのあと、焼き鳥屋さんなどに行きました。途中、近くの公園で一休みしました。そこは友人の家の近くの公園で、子どもたちが入れる小さな池のようなものがあり、親子連れでなかなかにぎわっておりました。公園の真ん中には、大きなタコの滑り台があり、それも人気でした。ところが、地元の友人に聞きましたところ、そのタコは何年か前に小さくなってしまって、前はもっと複雑でおもしろい滑り台だったのだそうです。

 そのときは、へー、と思っただけだったのですが、数日後、新聞を読んでおりましたら、なんとそのタコの公園が載っており、友人の話どおり9年前に改修したのだと書いてありました。小さく、色も赤くきれいになったことから、地元ではタコがゆであがったと話題になったとか……。

 なんという偶然と驚きました。また、滑り台が小さく、そして、たぶん、つまらなくなったのも、本当だったんだとあらためて思いました。前の写真などはなかったのであくまでも想像ですが、やはり危険だと判断する人がいたということなのでしょう。怪我をした子などいたのかもしれません。ぼくが見た滑り台は吸盤の階段を登り、三方向に広めの滑り台が広がっているもので、あまり高さはなく幼稚園くらいの子でも楽しめるもののようでした。

 実際に怪我された子などもいるかもしれませんので、見たこともない滑り台についてあれこれはいえないのですが、わざわざ簡単にしてしまうのもちょっと残念なような気がします。あまりにも危険すぎるものは困りますが、注意して遊ぶ機会もあってもいいような……。いまは年齢の違う子たちがいっしょに遊ぶという時代ではありませんので、危なくないように注意する、それとなく気をつけて見る、というのはむずかしいのかもしれません。常に管理者がいるというわけでもないでしょうから。

 うーん、やっぱり、こういう問題はむずかしいですね。残念に思った子もいれば、遊びやすくなってよろこんだ子もいると思います。ずっといつまでも遊ばないにしても、また自分の子どもがタコ滑り台で遊ぶかもしれません。どちらが正しいとかはもちろんないわけですが、なんとなく、簡単になってしまったのが残念なように思えたので書いてみました。ぼくがまちがっているかもしれません。すみません。いまのタコ滑り台も、子どもたちが楽しそうにすべっていましたのは本当です。ずっと人気の公園であってほしいと思いました。

会社概要

商号
株式会社 NEWS(ニュース)
創業
2000年3月1日(株式会社国大セミナーの一部門として創業)
設立
2012年10月1日
資本金
1000万円
代表者
代表取締役 小倉康司
本社
〒330-0063 埼玉県さいたま市
浦和区高砂2-5-5 KIビル 3F
電話
048-831-2223
事業内容
子どもの総合教育企業。
子どもたちが、21世紀を生き抜くために必要な教育を提供している。1人ひとりの成長に責任を持つために、全ての事業は少人数制を基本としている。
グループ
株式会社 国大セミナー
会社
設立:1985年10月1日
■学習塾(国大セミナー)124校(2019年3月現在)
<埼玉・東京・茨城・千葉・栃木・神奈川・名古屋・大阪・新潟>
グループ
株式会社 NEWSエンターテインメント
会社
設立:2008年10月1日
■子役養成機関(NEWSエンターテインメント・スクール)7校・3スタジオを運営
<埼玉・東京・千葉・神奈川・大阪・名古屋・福岡・高崎・静岡・京都・台湾>
グループ
株式会社 そらまめキッズツアー
会社
設立:2010年10月1日
■子どもの体験型ツアー実施する旅行会社
(そらまめキッズアドベンチャー)
<関東営業所・東海営業所・関西営業所>
グループ
株式会社 オレンジプラネット
会社
設立:2015年2月1日
■保育園・インターナショナル保育園・学童くらぶ
<埼玉・東京・神奈川>

Copyright © NEWS All Rights Reserved.