資料請求はこちら
第485回

『少年の日の思い出』の力

NEWS板橋校 三木裕

2017.02.17更新

 もう何十年も中学生の国語の教科書に載りつづけているヘルマン・ヘッセの『少年の日の思い出』という小説があります。蝶に見せられた少年が、隣家の男の子が持っている美しい蝶に心をうばわれ、つい盗んでしまい、そして……。後味のあまりよくない物語のインパクトのためでしょうか、隣家の少年の意地悪なキャラクターや、最後に自分の蝶のコレクションをつぶす場面など、大人になっても覚えているという方も多いようです。正直、ぼくもあまり好きなお話ではなく、定期試験対策で中学生のみんなに教えるときも、またこの物語か……、とすこし憂鬱な気分になったりしました。

 ところがです。試験対策問題をやっていた中1の女の子が、主人公の少年の気持ちがわかる、というのです。あまりの美しさについ盗んでしまったという心情だけではなく、そのあとの思いを想像しているようでした。その女の子は、苦労して、何度も、わかるなー、わかるなー、と繰り返しながら、次のようにいったのでした。

この主人公の気持わかるなー
後悔だけでもなくて
怒りだけでもなくて
もちろん罪悪感はあって
蝶はものすごく好きで……
それが全部まざってるんだけど
いまのわたしにはそれを表現することができない
でも、わかるなー

 その女の子がいうのを聞いていて、おお、と思いました。わたしには表現できないといっていますが、十分、いろいろなことが伝わってきます。主人公の思いが、自分の中のなにかにふれたのでしょう。テスト対策のことばかり考え、わかりやすく説明することにばかり気を取られていたぼくは、とても反省しました。うまく言葉にしてしまうことで失われてしまうものもあるのかもしれない、と思いました。

 毎年教科書に載っている物語でも、はじめて読む子どもにとっては、まだ真っ白なところから始まります。子どもたちのやわらかいハートを、もっと信頼しないといけませんね。文学作品の力をあらためて教えてもらった国語の授業となりました。

NEWS板橋校室長  
三木 裕

NEWS先生のコラム一覧ページはこちら

会社概要

商号
株式会社 NEWS(ニュース)
創業
2000年3月1日(株式会社国大セミナーの一部門として創業)
設立
2012年10月1日
資本金
1000万円
代表者
代表取締役 小倉康司
本社
〒330-0063 埼玉県さいたま市
浦和区高砂2-5-5 KIビル 3F
電話
048-831-2223
事業内容
子どもの総合教育企業。
子どもたちが、21世紀を生き抜くために必要な教育を提供している。1人ひとりの成長に責任を持つために、全ての事業は少人数制を基本としている。
グループ
株式会社 国大セミナー
会社
設立:1985年10月1日
■学習塾(国大セミナー)120校(2021年4月現在)
グループ
株式会社 NEWSエンターテインメント
会社
設立:2008年10月1日
■子役養成機関(NEWSエンターテインメント)
グループ
株式会社 そらまめキッズツアー
会社
設立:2010年10月1日
■子どもの体験型ツアー実施する旅行会社
(そらまめキッズアドベンチャー)
グループ
株式会社 オレンジプラネット
会社
設立:2015年2月1日
■保育園・インターナショナル保育園・学童くらぶ
グループ
株式会社 ドリームプラネット
会社
設立:2015年6月1日
■生活・文化・新規事業部門

Copyright © NEWS All Rights Reserved.