第678回

『星野君の二塁打』と大谷翔平選手

NEWS板橋校 三木裕

2021.07.16更新

道徳の教科書などで使用されている『星野君の二塁打』という児童小説があります。
野球大会で打席に立った星野君に、監督は送りバントのサインを出します。しかし、星野君はサインを無視して、二塁打を打ちました。チームは勝ちましたが、監督に叱られてしまいます。「犠牲の精神がわからない人間は社会をよくすることができない」星野君は次の試合では外されてしまいます。

このお話に、批判的な意見がかなりあるようです。軍隊のようだ、押し付けだ、という声で、わかるような気もします。この『星野君の二塁打』について分析をしている本まであるそうで、原作と、教科書のちがいや、時代背景など深く考察しているようです。

といっても、ぼくは、このお話も、分析本も読んでいないので、きちんとした意見はいえないのですが(すみません)、野球ファンとしては、少し語ってみたい気がします。

まず、その場面での送りバントが適切な作戦だったかどうか、ですね。この本が書かれた戦後すぐでは、確実に送りバントというのがセオリーだったと思いますが、いまは、送りバントをしない作戦も増えてきました。
相手ピッチャーの調子や、バッターの調子、天候や、次のバッター、次のピッチャー、次の試合、相手の守備位置、審判の癖、グラウンドコンディションなどなど、バントにするかどうか、さまざまな要素があります。結果として二塁打を打ったので、野球センスがある子なのでしょう。その子の判断が正しかった可能性もあります。
ただし、結果オーライというのも、よくありません。結果がいくらよくても、ここでバントをしないのはどう考えてもおかしい、という場面があるのも事実なのですね。原作の本にもある程度の状況は書かれていると思いますが、グラウンドコンディションや、その場面の前までの配球までは書かれていないと思います。そうなると、一概に、どうすればいいとはいえないなあ、と思うのです。

野球ファンの妄想満開のコラムになってしまい、申し訳ないのですが、『星野君の二塁打』を道徳だけの教材にするのではなく、野球のおもしろさをもっと深めるための本にしたらどうだろう、という主張ですね。原作者の意図からはかなり外れているでしょうが……。
そういうことを考えるのも、おもしろいのではと思います。大谷翔平選手にはだれも送りバントはさせないと思いますが、どんな場面だったら、送りバントのサインを出すだろう、なんて考えるのも、楽しい頭の体操になると思うのですが、いかかでしょうか。おもしろいのは野球ファンだけですね。失礼いたしました!

NEWS先生のコラム一覧ページはこちら

会社概要

商号
株式会社 NEWS(ニュース)
創業
2000年3月1日(株式会社国大セミナーの一部門として創業)
設立
2012年10月1日
資本金
1000万円
代表者
代表取締役 小倉康司
本社
〒330-0063 埼玉県さいたま市
浦和区高砂2-5-5 KIビル 3F
電話
048-831-2223
事業内容
子どもの総合教育企業。
子どもたちが、21世紀を生き抜くために必要な教育を提供している。1人ひとりの成長に責任を持つために、全ての事業は少人数制を基本としている。
グループ
株式会社 国大セミナー
会社
設立:1985年10月1日
■学習塾(国大セミナー)120校(2021年4月現在)
グループ
株式会社 NEWSエンターテインメント
会社
設立:2008年10月1日
■子役養成機関(NEWSエンターテインメント)
グループ
株式会社 そらまめキッズツアー
会社
設立:2010年10月1日
■子どもの体験型ツアー実施する旅行会社
(そらまめキッズアドベンチャー)
グループ
株式会社 オレンジプラネット
会社
設立:2015年2月1日
■保育園・インターナショナル保育園・学童くらぶ
グループ
株式会社 ドリームプラネット
会社
設立:2015年6月1日
■生活・文化・新規事業部門

Copyright © NEWS All Rights Reserved.