第572回

ある猪の子、「総の司とならん。」と思ひて

NEWS板橋校 三木裕

2019.01.18更新

 今年は亥年ということで、前回のコラムで、イシシとノシシのゆかいな兄弟の出てくる『かいけつゾロリ』のシリーズを紹介いたしました。そして、今回は、日本の古典からご紹介しましょう。伊曾保物語です。日本の古典といっても、イソップ物語の日本語訳ですが……。ある中学生の国語の問題を指導しているときに、ちょうど猪が出ているものがあったのです。(少し省略しています。)

猪の子あまた居たる中に、ある猪の子、「総の司とならん。」と思ひて、
目をいからし、尾を振つてとびめぐる。
しかれども、傍輩らこれを敬はず。
「さらば。」と思ひて、羊の並み居たる中に行きて、
前のごとく振る舞ひければ、羊恐れて逃げ隠れぬ。
さてこの猪望みを達して居たるところに、狼一匹走り来たりけり。
「あはや。」とは思へども、
「我は司なれば、かれも定めて恐れん。」と思ひて居たるところに、
狼とびかかり、耳をくはへて山中に至りぬ。
羊助けず。
をめき叫び行くほどに、かの猪の傍輩この声を聞きつけて、
つひに力を合はせて助けにけり。
されば、もとの猪らに謝りけり。

ある猪の子が、「ぼくはリーダーになる!」と思って、暴れまわりますが、
だれにも相手にされません。
「それならば」と思って、羊のところへ行って暴れまわると、
羊は怖がって逃げていきました。
猪が望みをかなえたと思っているところへ、狼がやってきました。
「あぶない」と思いましたが、
「ぼくはリーダーなんだから狼もきっと怖がるぞ」と思いなおしたところ、
狼はとびかかってきて、耳をくわえて山の中へ連れて行ってしまいました。
もちろん羊は助けません。
わめき騒いでいると、仲間の猪たちがこの声を聞きつけて
力を合わせて助けてあげました。
猪の子はみんなに謝りました。

 猪の子、助かってよかったです。これからは、みんなと仲良くくらしていくでしょう。お調子者ですが、なんとも憎めません。この物語からさまざまな教訓を得ることができそうですが、やっぱりいのししはかわいい、ということをぼくはあらためて学びました。今年もみんなといっしょにたくさん勉強したいと思います!

会社概要

商号
株式会社 NEWS(ニュース)
創業
2000年3月1日(株式会社国大セミナーの一部門として創業)
設立
2012年10月1日
資本金
1000万円
代表者
代表取締役 小倉康司
本社
〒330-0063 埼玉県さいたま市
浦和区高砂2-5-5 KIビル 3F
電話
048-831-2223
事業内容
子どもの総合教育企業。
子どもたちが、21世紀を生き抜くために必要な教育を提供している。1人ひとりの成長に責任を持つために、全ての事業は少人数制を基本としている。
グループ
株式会社 国大セミナー
会社
設立:1985年10月1日
■学習塾(国大セミナー)125校(2018年1月現在)
<埼玉・東京・茨城・千葉・栃木・神奈川・名古屋・大阪>
グループ
株式会社 NEWSエンターテインメント
会社
設立:2008年10月1日
■子役養成機関(NEWSエンターテインメント・スクール)7校・3スタジオを運営
<埼玉・東京・千葉・神奈川・大阪・名古屋・福岡・高崎・静岡・京都>
グループ
株式会社 そらまめキッズツアー
会社
設立:2010年10月1日
■子どもの体験型ツアー実施する旅行会社
(そらまめキッズアドベンチャー)
<関東営業所・東海営業所・関西営業所>
グループ
株式会社 オレンジプラネット
会社
設立:2015年2月1日
■保育園・インターナショナル保育園・学童くらぶ
<埼玉・東京>

Copyright © NEWS All Rights Reserved.