第559回

さよならチョコフレーク

NEWS板橋校 三木裕

2018.10.05更新

 『森永チョコフレーク』というと、甘い味と、同時にメロディーが聞こえてきますが(チョとコのあいだに小さい『ッ』が入ります)、あの定番のお菓子が製造中止になるそうです。その理由が、チョコフレークを食べると手がべとべとしてスマホが汚れるので、子どもたちが食べなくなったから、というものだそうです。そして、つづけてグリコの『キスミント』ガムもなくなるとニュースがありました。こちらも、食べた後の始末を嫌がられ、若者全体のガム離れが進んでいるのが理由だそうです。いまの子はみんないったいなにを食べているのでしょうか?

 飴とかグミなんかはみんなよく食べているみたいですし、チョコ味も大好きでしょうから、やっぱり、手が汚れたり、ガムのゴミをポケットに入れたりするのが嫌なのでしょう。ミント味のアイスも人気があるみたいで、よく話を聞きます。ぼくはあまり好きな味ではないですが……。

 きれい好きな子が増えているのは悪いことではないでしょう。チョコがついた手であちこちべたべた触ってはそうじも大変です。ガムも昔は道にはいて捨てる悪いやつがいて、うっかりふんずけてしまって怒りにふるえることもわりとありましたが、いまはめったになくなった気がします。

 ただ、それにともなって、あまりにきれい好きすぎる子も、ちょっぴり増えたかも、と思うときがあります。虫が嫌いな子が多いのは、まあ、わかる気がします。女の子は怖いと思うでしょうし、べつにぼくも得意ではありません。でも、けっこう大きい、中学生や高校生の男の子が、ほんの小さい蜘蛛でも、もうまったく近寄れないで、おびえてたりすると、ちょっとびびりすぎなんじゃないの、と思ったりします。写真ですら見られないとか……。むりやり手をつかんで虫をさわらせたりはしませんが、そうしちゃおうかな、と思ったりはしますねえ。

 手がべとべとするのが嫌だから外で遊ぶのが嫌になる、という時代になってきているのでしょうか。ただ、いまでもどろんこに遊んだあと、遅れないように走ってNEWSに来る子もいっぱいいますから、やっぱりそうかんたんには外遊びもなくならないよな、とも思います。『森永チョコフレーク』はなくなってしまうようですが、また時代にあったお菓子が出てくるのでしょう。でも、手が汚れないお菓子や遊びだけではなく、もっともっと手をべたべたにしてしまう体験も、ときには必要なのではないかと思います。大人になったとき、意外に困ることになるかもしれません……。

会社概要

商号
株式会社 NEWS(ニュース)
創業
2000年3月1日(株式会社国大セミナーの一部門として創業)
設立
2012年10月1日
資本金
1000万円
代表者
代表取締役 小倉康司
本社
〒330-0063 埼玉県さいたま市
浦和区高砂2-5-5 KIビル 3F
電話
048-831-2223
事業内容
子どもの総合教育企業。
子どもたちが、21世紀を生き抜くために必要な教育を提供している。1人ひとりの成長に責任を持つために、全ての事業は少人数制を基本としている。
グループ
株式会社 国大セミナー
会社
設立:1985年10月1日
■学習塾(国大セミナー)125校(2018年1月現在)
<埼玉・東京・茨城・千葉・栃木・神奈川・名古屋・大阪>
グループ
株式会社 NEWSエンターテインメント
会社
設立:2008年10月1日
■子役養成機関(NEWSエンターテインメント・スクール)7校・3スタジオを運営
<埼玉・東京・千葉・神奈川・大阪・名古屋・福岡・高崎・静岡・京都>
グループ
株式会社 そらまめキッズツアー
会社
設立:2010年10月1日
■子どもの体験型ツアー実施する旅行会社
(そらまめキッズアドベンチャー)
<関東営業所・東海営業所・関西営業所>
グループ
株式会社 オレンジプラネット
会社
設立:2015年2月1日
■保育園・インターナショナル保育園・学童くらぶ
<埼玉・東京>

Copyright © NEWS All Rights Reserved.