第536回

ナマズ博士とナマズ釣り

NEWS板橋校 三木裕

2018.04.13更新

 スプリングスクールが終了いたしまして通常授業が始まりました。その間すこしお休みをいただきました。そのときに読んだ本で、ちょっとおもしろいことがありましたのでご紹介したいと思います。

 まず『ナマズ博士放浪記』という本です。ナマズ博士というあだ名を付けられるくらいナマズに魅了されてしまった松坂實という人の本です。世界中のあらゆるところでナマズをつかまえた話と、自分の半生が書かれています。なにかに熱中している人の本というのはたいていおもしろいですが、このナマズ博士のナマズへの思い入れもかなりめちゃくちゃです。ブラジルのアマゾン川だけでも20回以上行ったのだとか(この本のときなので、たぶんもっともっと増えていると思われます)。奥さんとのエピソードもかなりめちゃくちゃでした。

 そして、並行してもう1冊読みました。椎名誠『イスタンブールでなまず釣り。』です。もちろん偶然手に取ったわけではありません。『ナマズ博士放浪記』に椎名誠とナマズ釣りをする話が出てきまして、これは読んだことがあるようなと思い、図書館で文庫本を借りてきたのです。ずいぶん前に読んだ本だったので、すっかり忘れていましたが、やはりそうでした。椎名誠の本にもしっかりナマズ博士が出てきていて、最後の解説まで書いていたのでした。

 ぼくがおもしろいと思ったのは、同じ人間たちがイスタンブールでヨーロッパオオナマズを釣ろうとするという同じエピソードなのに、読んだ印象がかなりちがうということでした。

 まず長さがずいぶん違います。ナマズ博士の本でのこのエピソードは、世界中のナマズ釣りの一つでして、ページにすると8ページほどでした。椎名誠の本では同じ旅を95ページ使って書いています。当然、長いほうが細かくいろいろ書かれているわけですが、どちらにも出てくる話があります。武装したトルコ軍の兵士に夜中囲まれたところとか、湖に水蛇がうようよいたことだとかは、どちらも書いてありました。そして、残念ながら、ヨーロッパオオナマズを釣ることはできなかったことも。

 逆に8ページしかないナマズ博士の本にしか書いてないエピソードもありました。自分では釣れなかったヨーロッパオオナマズをつかまえた漁師に、なんとかお願いしてゆずってもらったこと、しかし、日本に持ち帰る前に死んでしまったことは、こちらにしか書いてありませんでした。

 どちらがいいとか、どちらがおもしろいということは、まったくなく、どちらも楽しく読みました。同じ体験をしても、人間が違えばそれぞれ印象が変わります。また、おそらく必要に応じて書く長さも変えられるのでしょう。文章というのは、それほど自由なものなのだと改めて実感いたしました。作文倶楽部の授業でも、なにかの機会にみんなに話したりできればと思います。なかなか旅にはいけませんが、文章によるイスタンブールナマズ釣り旅行を春休みに行くことができてよかったです!

会社概要

商号
株式会社 NEWS(ニュース)
創業
2000年3月1日(株式会社国大セミナーの一部門として創業)
設立
2012年10月1日
資本金
1000万円
代表者
代表取締役 小倉康司
本社
〒330-0063 埼玉県さいたま市
浦和区高砂2-5-5 KIビル 3F
電話
048-831-2223
事業内容
子どもの総合教育企業。
子どもたちが、21世紀を生き抜くために必要な教育を提供している。1人ひとりの成長に責任を持つために、全ての事業は少人数制を基本としている。
グループ
株式会社 国大セミナー
会社
設立:1985年10月1日
■学習塾(国大セミナー)125校(2018年1月現在)
<埼玉・東京・茨城・千葉・栃木・神奈川・名古屋・大阪>
グループ
株式会社 NEWSエンターテインメント
会社
設立:2008年10月1日
■子役養成機関(NEWSエンターテインメント・スクール)7校・3スタジオを運営
<埼玉・東京・千葉・神奈川・大阪・名古屋・福岡・高崎・静岡・京都>
グループ
株式会社 そらまめキッズツアー
会社
設立:2010年10月1日
■子どもの体験型ツアー実施する旅行会社
(そらまめキッズアドベンチャー)
<関東営業所・東海営業所・関西営業所>
グループ
株式会社 オレンジプラネット
会社
設立:2015年2月1日
■保育園・インターナショナル保育園・学童くらぶ
<埼玉・東京>

Copyright © NEWS All Rights Reserved.