第508回

本と恐竜

NEWS板橋校 三木裕

2017.08.29更新

 もう始まっているところもありますが、そろそろ夏休みも終わりですね。充実した毎日を過ごせたでしょうか? 猛烈に暑かったり、雨ばかりだったり、おかしな天気の夏でした。学校が始まっても、元気で過ごしてほしいと思います。

 さて、今回のコラムでは、夏休みに見たニュースの中で、気になることを書いてみたいと思います。『町の本屋さんがなくなる』という記事でした。

 本屋が1件もない市町村が増えているのだそうです。理由はいろいろあり、近隣の大型店の影響、インターネットの電子本、注文、コンビニ、そしてなによりも活字離れ、本離れなどあり、どれも町の小さな本屋さんにとっては大問題で、後継者難もあって、どんどんお店がなくなっているのだそうです。

 そういう地域でも、図書館や古本屋はあるのでしょうか。本屋がなくなる問題の解決にはなりませんが、身近で本に触れられる機会はあってほしいと思いました。探していた本ではなく、たまたま目にした本に興味を惹かれ、読んでみたらとてもおもしろかったという経験は、本好きの方ならだれでもあると思います。そうした本との出会いが減ってしまうのは残念な気がします。

 もう何年も前から、マンガすら読まない、という本離れを嘆く保護者の方の声を聞いておりました。スマホの影響は本当に大きく、これ一台で、ぜんぶすませてしまうという時代になっております。わざわざ本屋さんに行かなくても、もっと楽しいこと、おもしろいことが、スマホの中にたくさんあります。本やマンガすら、スマホの中にあるのですから。

 唐突ですが、映画『ジュラシック・パーク』の技術者の話を思い出しました。昔ながらの作り物の恐竜で最初は映画を作ろうとしていたのですが、当時はまだあまり使われていなかったコンピューター・グラフィックでの恐竜の出来があまりにすばらしく、作り物の方は使用されなくなってしまったということです。その昔ながらの技術者がいった言葉、自分たちの作る恐竜は「絶滅だよ」というセリフが映画の中にも使われたそうです。

 本も『絶滅』してしまうのでしょうか? 中身はスマホでも読めます。しかし、本や本棚はそのうち、アンティーク家具みたいなものになってしまうのでしょうか? いまの本はいつか化石のような扱いになってしまうのでしょうか? いつかそうなってもおかしくないような気はしますが……。教科書もそのうちなくなって、タブレットだけになる、案外近いうちにそうなってしまうかもしれません。

 ただ、いつの日か、本が絶滅しかけてしまっても、化石が好きな子どもや大人がたくさんいるように、本が好きな人たちも、必ずいると思います。理屈ではなく、ただ好きだから、という理由だけなのですが……。

※NEWSは8/31(木)~9/3(日)まで
(月曜日がお休みの校舎は9/4(月)まで)
お休みとなります。

会社概要

商号
株式会社 NEWS(ニュース)
創業
2000年3月1日(株式会社国大セミナーの一部門として創業)
設立
2012年10月1日
資本金
1000万円
代表者
代表取締役 小倉康司
本社
〒330-0063 埼玉県さいたま市
浦和区高砂2-5-5 KIビル 3F
電話
048-831-2223
事業内容
子どもの総合教育企業。
子どもたちが、21世紀を生き抜くために必要な教育を提供している。1人ひとりの成長に責任を持つために、全ての事業は少人数制を基本としている。
グループ
株式会社 国大セミナー
会社
設立:1985年10月1日
■学習塾(国大セミナー)110校(2015年10月現在)
<埼玉・東京・茨城・千葉・栃木・神奈川・大阪>
グループ
株式会社 NEWSエンターテインメント
会社
設立:2008年10月1日
■子役養成機関(NEWSエンターテインメント・スクール)6校・3スタジオを運営
<埼玉・東京・千葉・神奈川・大阪・名古屋・高崎・静岡・京都>
グループ
株式会社 そらまめキッズツアー
会社
設立:2010年10月1日
■子どもの体験型ツアー実施する旅行会社
(そらまめキッズアドベンチャー)
<関東営業所・関西営業所>
グループ
株式会社 オレンジプラネット
会社
設立:2015年2月1日
■保育園・学童くらぶ(オレンジプラネット)(オレンジプラネット)
<埼玉>

Copyright © NEWS All Rights Reserved.